ビバ☆個人利用



先日(つーか19日)、栄区にあるお馴染み本郷藤山道場にて、
団体のかしきりができなかったため一人一時間130円で練習しに行きました。
メンバーは北海道にドラちゃんにうち、と顧問の先生。
個人利用なからにはもちろん一般の人も普通に来たりしていて、1時頃には既に5、6人の一般の方がいたと思います。
おぉなかなかの人数!
(後で伺ったところ通常より多めだったそうで)
それから三時まで二時間程練習しましたけどそれまでにも数人来られてましたよ!弓道人多し!
男女的には男の人の方が多かったですね。

そこでの雰囲気なんですが、私もちょっと今までとは違う緊張感を覚えました。
初めて道場に入った時はワクワクのドキドキだったんですけど、何て云うか、今回のは失礼な真似できないなぁって感じでした。
もぉ小心者の私に拍車かけてビクビクのオロオロでしたよ(哀)
通常一般の方は坐射らしく、一矢一矢丁寧に引かれてました。
もぉその中でやるうちらの立射がもぉお粗末なこと(泣)
うちは一つ一つの動作もガッチガチに力はいりましたよ。引く時もぉプルプル(ちょっと誇張しすぎか
んでも何処かしら動作に不足があるとその都度みなさんから指摘受けました。
部活とはまた勝手が違うもんですね。
いつもは貸し切りなので荷物やカケなど、けっこぉおっぽり出してましたが(オイコラ)ちゃんと個人個人かごに入れてたり、道場に入る前のゆうなど、全ての動作において気を使った気がしやす。
まぁ私はそんな感じだったんですけど、みなさんにとっちゃ当たり前のことだし、淡々とこなしていましたね〜っ
風格漂ってますよ!かっちょいい!

じゃぁ何も話さないのかといったらそぅでもなく、軽くお互いの射を見合っていたりとか、普通に談話とかもしてましたよ。
しかもみなさんいい人なんだぁ〜っ!
待機してる時とか普通に声かけてくれたりして!
やぱ高校生は珍しいらしく話題はその辺りへんから。だいぶ緊張ほぐれましたよ〜(笑)

さっきも云いましたが部活とは微妙に作法が違いまして、基本的には同じですがやり方が違う。
例えば矢取り。
矢取りに行くのは大前の人で、自分の射が終わったらすぐさまカケをはずして、もし誰かが狙いを定めている時だったら離れまで待ってから矢道を通ってカンテキ小屋に向かいます。
練習の時はいちいちカンテキはつけてないようです。
全員が打ち終わったら、矢取りのサインのランプをつけて、頭を軽く小屋から出して確認して、そんから「入ります」と一言普通に言います。
部活では声を張って言いますけどね。そこは大人です。
んでたまに誰かがお願いしますと返してくれます。
矢を丁寧に抜いた後は、そらもぉ神経すり減らして(笑)矢を綺麗に拭きます。
土がついてるとやっぱり失礼にあたるらいしので(そらそうか)

「たいていの竹の矢は
一本一万くらいだからね」



ひぃえぇぇえ〜っ(叫泣



拭いた後カンテキ小屋から出ていく時も、誰かがキチント打ったのを確認してから矢道を戻ります。

もぉそんなことをしていたら自分の順番なんてあっという間です。
特に決まっているわけではないのですが、空いているスペースさえあれば誰もがすぐさま積極的に入ります。
本当に速いです。いつものうちらの
三倍速くらいしてる感じ。
あぁ打ち終わった!急いで矢取りに行かなければ!!

「もぉどなたか行ってくれたみたいだよ」



瞬間移動!?
(本気と書いてマヂと読む。本気で?



カケだってきちんと道場の方を向き座ってはずさなければならない。走ってもダメ。
何から何まで動作が速い。
坐射なんてとても動きが滑らかなんすよ。まぁ審査の時はそれこそ倍時間をかける必要はありますけど。
それでいて姿勢一つ崩さない。まだ弓道歴浅い私にはそう見えます。
それでいて交流もしっかりともてたりするもんです。
切り替えがはやいというか、けじめがあるというか、当然のことで的前に入る時だけ集中していますね(何
あぁ私もこぉなりたい。


○○さんお茶入れましたよ〜」


とお茶とお茶菓子を置いたちゃぶ台を囲んだ人たちに呼ばれる
ドラちゃん(あっこ)
ドラちゃんはいつもここの道場の予約をいれていてくれているので、訪れる回数も多く名前が知られているらしい。
何かっちゃ○○さん○○さんである。

藤山のアイドル。

そんな言葉がよぎる夏の昼暮れ(謎
まぁ名前を呼ぼうと思えば袴見りゃ一発なんですよね(笑)
初めて実用性に気付いて感動しました(私も一回名前呼ばれた)。私達もそこ見て呼びましたし。
気さくな人もいれば本当に礼儀正しい人とか、美人で素敵なマダムとか、大学生くらいの若い方もいました。


藤山のキムタク(自称)


本名忘れましたが(待てコラ)ここの管理人さんの一人で、
はじめあんまりにもぶっきらぼうな物言いで、ちょっと怒り口調なので厳しい人なんだな〜と思ってたら、、、


お茶目v


キターーーーッ!!2ch用語か?

ちょっとひねくれてる所もありますが意外とよく笑う!まぁ面白い方です。
弓道歴二年くらいの(おじさま年齢)タ○カさんなんて自分の
お茶菓子くれたし!!(どこまでもがっつきのある奴らです
ジャンケンとかしたし(一体<笑

流れとしては少し戻るのですが、やはりみなさんの使っている道具は格が違う!!
矢も先程云ったとおりだし、弓だってほとんどばっかですよ!一体いくらだ!?(ちなみうちらのはカーボンすよ<定番
それでもってうちらの使っている物よりも重い。
うちらはちょうどみんな9kgで、そんな弓を見て、


「細っちぃ弓だなぁ〜っ(笑」


はぅあっ!?
それ見てまた素敵なマダムが

「私でも
15kgは引いてるんだから、若い人はもっと重いの引かなくちゃ」

とか、しまいにゃ



「可哀想に見えてくるねぇ」



ズドドドドッ(とどめの一撃

さ、さすが、言葉もしっかりと打ちこんできますね(謎
先生にもっといいの買ってって言わなくちゃ」と入れ知恵されたので、
早速備品係として先生に「いいのぉ〜っ」とか会計に「お金だしてぇ〜っ」とかねだりました。
備品係とはこんなものだったか。

北海道の使っていた弓の弦がかえってしまった。

「そりゃ低いよ。もっと高くしなきゃ」とキムタク(笑)に云われ、
ついでにうちの弓も云われたので二人で直します。
うまくできない(一体この一年なにしてきたんだテメェら
上の輪っかばかりでなく下の方も緩いらしく、あぁもっと大事に管理しなくちゃいけないなぁと痛感。

、、、備品係?何ソレ?そんなん 
居た ?

、、、、も、申し訳にゃぃ(殺意
とまぁ散々に云われまくったわけですよ。トホホ。

そしたらこんな会話もあった。
またもやマダムが
弓道雑誌によるとね、」

そんなもんあんのか!?

どうやら月刊誌で公式に出版されているらしい。
そんな情報も得ているなんて感心であります(何様)
あ、話止めちゃった(殴)
それは置いといて、
「今の高校生の使っている弓は死んでるって書かれてたわよ」
ほぉぉ〜っさいですか。
もう少し伺ったところ、何でも、協会が自主的に高校から弓を回収していいのと交換し、海外だっけかな、とにかく弓の不足している地域に配っていたりするらしい。
いいなぁ!うちのも交換して!!


「でもまぁ、
弘法筆を選ばずとも言うしね」


ーーーなるほど納得。頑張ります。
とりあえず合宿に一つ重くしたいと思います(公言

いや大人の方と話すのもたまには必要かもしれませんね〜っ
みなさんもこういう経験も必要だよ、っていってたし。
何だかんだいって結局はちやほやされて調子にのってるうちらもいるわけで(え、いつものことだって?)
いや本当楽しかったですよ!
もぉたったの二時間だったのであっという間!まだ帰りたくない〜って感じでした(おみゃぁいくつだ


みんなも是非!個人利用してみて下さい!
弓道をたしなむ人は素晴らしい!武道は精神からっすよ!



、、、ちょっと今回
まともなレポートできたかもっ?(言ってろ)
それにしてもまぁ長々と最後まで読んでくれた人本当ありがとうございます(感涙)
ちなみにこのレポートは本郷藤山道場でのことです。
もしかしたら別の道場では勝手が違うかもしれませんので、わからないことがあったらすぐに聞きましょう。
みなさん本当親切ですから。
郷に入っては郷に従えです。
ちなみに藤山道場は市営でして、横浜市民限定です(うち(横須賀市民)はというと、横浜登校者として学校の住所を書かせてもらいました)。
なのでそこもとりあえず頭にいれとくといいかも。

そんでわ、お粗末様でした。キムタク今度は写真撮ろうね(笑)

SEO [PR] ]Ex IsbN f ^T[o[ SEO